ABOUT


 

説明

 

集積システム研究室では主に集積回路上に構成されるシステムについて
具体的な応用を視野に入れた「ものづくり」を研究しています。

 

 

柔軟なハードウェア

 


ハードウェアは通常、機能が固定されていますが、
昨今では柔軟なハードウェアも求められています。
例えば人工衛星に搭載した集積回路の場合では、
打ち上げ後に故障することを考慮すると、
機能の追加・変更などの柔軟性が求められます。
当研究室では、回路構成を変更できる仕組みを盛り込むことによって
故障回路の切り離しや、遠隔操作による新しい機能の追加が可能となる
再構成可能アーキテクチャを研究しています。

 

テーマ例

  1. 人工衛星向け再構成可能アーキテクチャと設計ツール
  2. 故障回路の切り離しが可能なHot Swap機構を持った再構成可能アーキテクチャ
  3. カスタムLSI向け細粒度・粗粒度混合型再構成可能アーキテクチャ

 

 

超低消費電力システム

 


携帯電話やタブレット端末、ゲーム機などの携帯情報機器には
バッテリーが内蔵されており、長時間駆動のためには
消費電力を極限まで低減する必要があります。
また太陽電池などによって電力を自給自足する小型センサーでは、
更なる低消費電力化、超低消費電力化が不可欠です。
当研究室では、太陽電池などによる電源供給をも想定した回路や
システム構成の低消費電力化技術について研究しています。

 

テーマ例

  1. 低消費電力な浮動小数点除算器の回路方式
  2. 太陽電池を搭載した自給自足集積回路

 

 

デジタルデータの恒久保存

 


情報のデジタル化が進み、膨大な量の書籍、放送などを
長期間保存し、利活用できるようにすることが必要になってきています。
しかし、ハードディスクや光学ディスク(DVDなど)といった
記憶媒体の寿命は長くて数10年です。
当研究室では、完全に密閉された集積回路上のマスクROMによって
千年以上の寿命をもつデジタル記憶メディアの実現を目指しています。

 

テーマ例

  1. 高密度・低消費電力なマスクROMの設計
  2. シリコンウエハ全面に敷き詰めたマスクROMのアクセス回路方式
  3. 密閉された集積回路のための非接触電源供給方式および非接触通信方式