Open Laboratory

11月10日に立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて開催された Open Laboratory 企画にて,M1 の小池・坂野・藤本・本多・山口がポスター発表を行いました.
本企画は本学情報理工学部情報システム学科の主催ならびに立命館科学技術振興会 (ASTER) の共催で開催されたもので,主に外部の企業の方々を対象に日頃の研究成果を紹介しました.

  • 小池 良介,”粒度選択型再構成可能アーキテクチャ SGRA とその設計自動化”
  • 坂野 達也,”太陽電池混載チップ向 けCMOS 互換温度・照度センサ”
  • 藤本 哲彰,”ビアスイッチを用いた粒度混合再構成可能アーキテクチャへの最適な FFT 回路実装”
  • 本多 巧樹,”専用キャリーチェーンを考慮した粒度混合再構成可能アーキテクチャ向け配置アルゴリズム”
  • 山口 航誠,”ビアスイッチクロスバを用いた再構成可能デバイスのプログラム制約を考慮する配線手法”